幸福の日に ~ほんとうの幸(さいわい)を求めて~

幸福の日に ~ほんとうの幸(さいわい)を求めて~

 

 

今日5月29日は、ゴロ合わせから「幸福の日」。
世界中の人々が幸せになれますようにとの

願いがこめられている。

 

宮沢賢治(岩手県花巻市出身)の言葉に

「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」が

ある。

なんという壮大なスケール、そして気高き理想であることか!!

 

最近のニュースを見ても、

わからなくなってきた米朝関係、

世界各地で続発する絶え間ない紛争、

難民の大量発生、自然環境破壊、疫病の流行・・・

混迷を深めるこの時代に

賢治が生きていたらどう思うことだろうか?

 

今日この「幸福の日」に、

賢治の精神に学び、

「ほんとうの幸(さいわい)」を求めて、

6月1日より町政をスタートさせよう!!

ゴルフ記念日

ゴルフ記念日

 

 

今日5月28日は、
1927(昭和2)年のこの日、
第1回日本オープン・ゴルフ選手権が
横浜・保土ヶ谷ゴルフ場で開かれたことから
ゴルフ記念日だそうです。

 

岩手町には小さな町にもかかわらず、
ゴルフ場がなんと2つもあるのです。
その影響もあってか、

町内のゴルフ人口は多く、
盛んに大会が開かれています。

 

岩手町ではゴルフの他にグランドホッケーも盛ん。
「ホッケーのまち」として知られています。

 

昨年度は、全国大会で地元岩手町の
水堀・沼宮内ホッケースポーツ少年団女子が優勝、
「えひめ国体」では、
主に町出身者で構成された岩手県チーム少年男子が
17年ぶり10度目の優勝を果たすなど、
優秀な成績を残しています。

 

これからもスポーツなどを通して、
健康で明るいまちづくりを推進していきます。

 

 

ふるさとの空

ふるさとの空

 

この写真は岩手町川口地区から見た夕暮れの空。

 

町内を回っている時に、

あまりの美しさに思わず立ち止まって写した1枚です。

空の青と夕焼けの赤のコントラストが美しい。

田植え前の水をたたえた田んぼが

天然の鏡になって大地に反射しています。

 

これって天然のアートに使えないかな?
この記事を書いていて、

耕作放棄地の田んぼに水を張って、

南米ボリビアのウユニ塩湖みたいにできないかなと

ふと思いました。

 

日本全国に田舎はいっぱいありますが、

その中から岩手町を選んで

観光や移住定住で来てくれるためには・・・

何かヒントになりそうな1枚でもあります。

ふるさとの川

ふるさとの川

 

 

わが岩手町には東北を代表する大河川である北上川

(全長249km*諸説ある)

の源泉「弓弭(ゆはず)の泉」があります(写真上)。
この泉から湧き出る一滴が大河を成し、

太平洋に注いでいるのです。

 

この「弓弭(ゆはず)の泉」には伝説があります。

詳しくは岩手町のホームページをご参照ください。

http://town.iwate.iwate.jp/accessmap/yuhazunoizumi/?v=cat-accessmap&w=sightseeing-spot-map&x=sightseeing-spot-map

 

かつて北上川流域市町村が協議会を作り交流していました。

また、民間の交流活動も盛んで、多くの方々に協力してもらい、

2回も河口の宮城県石巻市まで

岩手町のキャラバン隊が

お邪魔させてもらったことがあります。

 

この悠久なるふるさとの川、北上川を貴重な地域の資源として、

また、次世代に引き継いでいくためにも

改めて何か活用できないかと考えています。
(写真下は後援会事務所前を流れる北上川)


主婦の「働き方改革」

主婦の「働き方改革」

 

 

今日、5月25日は、「主婦休みの日」。

年中無休で家事や子育てに頑張る主婦(夫)が、

自分磨きやリフレッシュするための日で、

1/25、5/25、9/25の年3日設定されているそうです。

 

今国会で働き方改革関連法案が審議中ですが、

日本を支えていると言っても過言ではない

主婦(夫)の方たちの「働き方改革」も

必要なのではないでしょうか?

 

主婦(夫)の皆さまへ日頃の感謝の気持ちを込めて

「ありがとう」を伝えましょう。

 

岩手町は主婦(夫)や子育て世代にやさしい

「人のまち」でありたい。

私の趣味

私の趣味

 

 

今日は、私の趣味の音楽についてお話させてください。

 

私の好きなクラシック音楽は、

ショパン(ピアノ曲全般)、

ラフマニノフ(ピアノ協奏曲第2番、第3番)、

モーツァルト(ピアノソナタ、ピアノ協奏曲)、

ベートーベン(ピアノソナタ「田園」「ワルトシュタイン」)など、

ピアノに絡んだものが多いです。

 

特にラフマニノフのピアノ協奏曲第3番は青春時代の思い出の曲。

レコード収集マニアになりました。

また、サントリーホールでの演奏を聴きに

沼宮内駅から夜行列車で往復したこともあります。

哀愁漂う調べと壮大なスケールは

今も私の心を捕らえて離しません。

 

クラシック音楽好きと言われる私ですが、

実はそれは高校から。

中学までは馬鹿がつくほど歌謡曲三昧。

また、小学4年生のときクラスメイトの前で歌ったのは民謡でした。

20代後半は誘われてバンド活動も。

色んな音楽が私の中にはあるのです。

リンクを張らせていただきました!!

リンクを張らせていただきました!!

 

 

私佐々木こうじがいつもご指導いただいている大沢会計様が、

この度、

「佐々木こうじ君が描いたストーリーを勝手に応援する会」

を設立してくださり、

そのホームページを立ち上げてくださいました。

そのホームページのリンクを張らせていただきました。

閲覧よろしくお願いします。

 

https://t-ouendan.jimdofree.com/

 

大沢会計様ありがとうございました。

事務所スタッフより

事務所スタッフより

 

 

佐々木こうじ後援会事務所のスタッフです。

今日は一筆書かせていただきます。

 

日に日に日差しも強くなり、

もはや初夏の陽光を帯びています。

今日、町の中心商店街を歩いていて、

道行く町民に、

「町が何となく明るくなったね。」と

話しかけられました。

まだ選挙が終わって2日しか経っていないのに

早くも町の雰囲気が変わってきています。

町民の皆さまの期待の表れですね。

見上げると突き抜けるような青空でした。

 

当選のご報告

当選のご報告

 

 

佐々木こうじを応援してくださったすべての皆さまへ

 

私は昨日5月20日(日)に投開票が行われた

岩手町町長選挙に当選することができました。

ここに当選のご報告を申し上げますとともに、

皆さまの熱いご支援・ご協力に感謝申し上げます。

 

この度の後援会活動・選挙運動は、

私も含めて素人の集団でしたので、

一から手探りの状態でした。

しかし、何度も法律の条文を読み込んだり、

選挙管理委員会に問い合わせをしたり、

連日夜遅くまでミーティングを重ねたりしてきました。

 

こんな素人集団でしたが、

選挙戦の終盤あたりからは、一体感が生まれ、

一気に情勢をくつがえすことができました。

(この選挙戦の一連の流れの中で、

ここでは書ききれないほどの

様々なドラマがありました。)

 

どんなに圧倒的に不利な状況でも、

最後まであきらめないことの大切さを学びました。

全国の同じような状況の他の市町村にも

勇気を与えることになったと思います。

スタッフのみなさんには心から感謝申し上げます。

 

私は今回の選挙戦で「チーム佐々木」で作り上げた

公約を正々堂々と掲げ、

ホームページ等でもていねいに説明することを

心がけてきました。

 

16年もの間、無投票の時代が続きました。

政策が全く討論されずに、

町民不在の町政が続きました。

私はこの現状に風穴を開けたかった!!
いやしくも政治家ならば政策を掲げることは

当然のことです。

 

また、お一人お一人ていねいに

対話を重ねてきました。

これからも対話を重ねて、町の声を吸収し、

施策を実践していきます。

 

私の勝負カラーはいつでもブルーです。
青の情熱を胸に秘めて、

はるか遠くにそびえたつ青い山脈を目指して

力強く邁進していきます。

 

そして、どうかこの私を常に監視してください。
常に緊張感を持って、謙虚に、

町政に臨みたいと思います。

 

全国の他の特に小さな町では、

岩手町と同じような問題が山積していると思います。

まずは、自分の町を変えていきます。

そして、全国のそれぞれの皆さまの町を

変えていきましょう。

最終的には日本全体を変えていきます。

私たちの成功事例や失敗事例も

どんどん公表していきます。

相互に情報を共有しましょう。

 

最後に町民の皆さまへ

 

この度は、町民の良心を示していただきました。

まだこの町は捨てたものじゃない!!
今度は私が結果を出して応えていく番です。

 

私はこの町が大好きです。
私はこの町で生まれ、この町で育ち、
そして、これからもこの町で生きていきます。
皆さまとともに。

ありがとうございました。

 

佐々木こうじ

町民の皆さまへ ~選挙戦最後のメッセージ~

町民の皆さまへ ~選挙戦最後のメッセージ~

 

 

町民の皆さま、

5日間ありがとうございました。

 

また、昨日の大雨の中、

長い時間かさを差して、

私の選挙カーが来るのを待っていてくださった方、

涙を流して固い握手をしてくださった方、

体が不自由なのにわざわざ歩いてきてくださった方、

いろんな方一人一人のお顔が目に焼き付いています。

 

また、各地で勝手連で応援してくれていた方たちが、

選挙戦の終盤に結集して、

点と点が結ばれて線になり、

その線が円(縁)になりました。

 

各地から澎湃(ほうはい)として

湧き上がったパワーの波が、

やがて大きなうねりになって、

立ち現れてきたことを目の当たりにしました。

 

明日はよい結果をご報告できればと思っております。

 

ぜひ、次の町の10年を決める

「次期町勢発展計画(仮称)」を

だれでも自由に参加できる町民参画型で

いっしょに作りましょう!!

 

対話と実践が私の信条ですから。